幼児期の努力

元生徒ちゃんのお母さんから年賀状が届いた。

2歳半から5歳半ぐらいまでヴァイオリンを習いに来ていた男の子。
お父さんが草野球チームに入っていて、それに付いていっていたらしく
小学校入学前に「野球の選手になりたい」と夢を語り始め、
本人なりに「どうやったら野球選手になれるか?」色々研究をし、
「今の時期は体力をつける為に体操をしよう」という結論に到達して
(恐らくご両親のアドバイスだと思うが 笑)
退会をされた。

スポンサードリンク

「ヴァイオリンで練習と合格を繰り返してきたおかげで、出来るまで物事に取り組む姿勢が出来ました。」と。

いや〜嬉しいですよ。

何事に於いても、出来るまで諦めない姿勢。
そして「今は、跳び箱7段そして倒立前転に挑戦中」と。。。

現在、まだ就学時前ですよ。

こういうお知らせを聞くと、2年ほどの間でしたが、レッスンをしてきた事は決して無駄では無かったんだなぁと。

 

今は受験シーズン真っ只中。

受験生のみなさんも、最後まで諦めないという気持ちを持って「春」を掴んでくださいね。