2015.12 香港日記その2

2015.12 香港日記その1 の続き
IMG_6123
バスは2:30過ぎにホテル近くのバス停に到着。

 

バスの2階席は、最終目的地が近づくに連れて、人が少なくなり、最後は私一人だけでしたのでなんとなく不安でした。

 

バスを降りてから自宅で下調べをしたときの記憶を頼りに、、、。
ホテルを探しました。
人通りが殆どない深夜の2時半過ぎに。(>_<;)

DSCN1043 (1)

 

——

実は香港に来る前に悩んでいたのがホテルのこと。
7日ー10日まで香港に滞在するのに、3泊する訳ですが最初の1泊目をどうするか…。
どうせチェックイン出来るのは、8日の午前2時頃ですから寝るだけのために一泊10,000円以上もするホテルに泊まるのは、、、。
(香港はホテル代が大変高い)

なので2泊目、3泊目のホテルだけ予約をして、1泊目はギリギリまで悩んでいました。
安全安心の事を考えて1泊目も2,3泊目と同じホテルにするかどうか…。

話の種に安宿で有名な重慶大厦(チョンキンマンション)に宿泊することも考えてみたり、、、。^^;

 

結局、自分一人ですし、安全安心より値段を重視して、日本円で4,000円ほどの、格安ホテルに予約を入れてしまいました。^^;

 

しかし予約を入れた後、ある事に気が付きました。^^;
1泊目の格安ホテルはフロントが朝10:00-20:00までしか人が居ないという事、、、。
つまり私が到着する時間には、フロントには誰も居ない。
つまりチェックインが出来ない…。

そこで、今度はホテルに連絡しようにも、電話番号とFAXの番号しか掲載がありませんでした。
仕方ないので、出発4日程前に事情を説明した英文をFAXで送信。^^;

スポンサードリンク

内容は、、、
「飛行機の到着時刻が深夜なので、それから深夜バスで移動して、ホテルに到着するのが早くても2:00過ぎぐらいになります。どうしたらいい? 返事は電子メールでちょうだいね。連絡先はこれ!」

という具合に。^^;

するとメールで返事が来ました。

「ホテルの入り口はロックがかかっているので暗証番号を入力して、中に入ってね。入ったらすぐフロントがあるから、そこに名前と部屋番号を記したものを分かるように準備しておくから。
もし分からなかったり、困った事があったら電話してね。
暗証番号は、******#
電話番号は、〇×△□×」

—-

バスを降りてホテルの住所の方角へ歩いて行くと、幅3m-5mほどのアーケードの入り口が。

 

しかし入り口は、鉄格子で閉められてあり、脇にある人、一人が入れるほどの通用口が半開きに…。

 

中をのぞいてみると、通りは薄暗く、そこを10mぐらい入って行くと強面の中年のおじさんが一人突っ立ってこちらを見ているではありませんか。(>_<;)

DSCN0940 (1)

(↑朝チェックアウト時に撮影。夜は照明が殆ど消されていて暗かった。)

私はホテルを探すべく周りをキョロキョロ…(((‥ )( ‥)))

しかも深夜3時前、スーツケースを持っているとは言え、挙動不審に思われたに違いありません。
日本ならば既に通報されて職務質問を受けていてもおかしくないレベル…^^;

 

ここは海外。
自分のことは、全て自分で解決が基本。
例え相手が親切に声を掛けてきても、素性が分からない以上相手にホテルを訪ねて嘘を言うとも限りません。

ホテルは3Fに有ることは間違いないのです。

私は、おじさんと3mぐらいの間合いをとり、「where  is 〇×△hotel,do you know?」と尋ねると、「oh! 3F 」とエレベーターを指さしてくれました。

 

私は、つい笑みが溢れてしまいました。^^
3Fに着くと私が予約したホテルの看板が…。と思いきや、「入り口は反対側!」と張り紙が。(あ、もちろん英語ですよ!笑)

 

反対側に回ると、私が予約したホテルの入り口がありました。
ドアの横にはテンキーが備え付けられてあり、メールに記載されていた暗証番号を恐る恐る入力すると「カチャ!」っと、ロックが解除される音がして、中に入ることが出来ました。^^
廊下は一人歩くのがやっとの広さ。
入るとすぐ左側に無人のフロントらしきスペース。
机の上にアルファベットで書かれた私の名前と部屋番号そしてカードキーがセロハンテープで貼られていました。^^

 

部屋は302号室。

 

私は、デスクの上にセロハンテープで貼られたカードキーを剥がし、302号室の前へ。

部屋の中に入ろうとした瞬間、隣室からパンツ一丁姿の若い男性が出てきて、英語で話しかけてきました。

 

どうもホテルの管理人のようでした。

 

電気のスイッチの説明、あと換気扇つけるとモーターの音でうるさいから、気になるならつけない方がいいよ!との事でした。^^

 

窓は無く、部屋の広さは畳3畳ほど。^^;
シャワーとトイレが1畳、寝室が2畳ほどの広さでした。

DSCN0886 (1)

DSCN0885 (1)

DSCN0884 (1)
当然、冷蔵庫や金庫なんてゴージャスなものはありません。
ただシャワーを浴びて寝るだけの為なら十分だと思いました。

 

写真の通り、まあまあ綺麗ですが、ちょっと目をやると、壁紙が剥がれて、、、。

DSCN0887 (1)

DSCN0888 (1)

日本を旅発つ時にシャワーは済ませていたので、足だけ洗って、iPhoneをコンセントに差し込んで、充電されている事を確認し、さっさとベットに入り横になりました。

が….

 

 

中国人が大勢でしかも大声で、どんちゃん騒ぎしている声が丸聞こえ…なのと、外を走る車の音がうるさくて大変でした。

 

この時はじめて耳栓を買っとけばよかったと、悔やまれました。

しかし、暫くすると寝入っていました。
目が覚めたのは、朝8時過ぎ。

静かな朝でした。
あの3時頃の中国人達のバカ騒ぎが嘘のような静けさ、、、。

 

香港島だと、朝6時前から二階建てのチンチン電車が走る音が聞こえるのですけどね…。

 

ここのホテルは九龍サイドのビルの一室のようなホテルでしたから…。しかし街の匂いはまさしく香港!

 

洗面台の下に棚があって開けてみると中にはpanasonicと書かれたドライヤーがあるのを見つけ、洗髪とシャワーを済ませました。

 

歯ブラシもタオルもアメニティは普通のホテル並です。
次回からここでも、良いかな~という感じですね。

 

2015.12 香港日記その3 へ続く


data-layout="box_count" data-action="like" data-size="small" data-show-faces="false" data-share="true">

人気ブログランキングに参加しています。

1日1回クリックをお願い致します。<(_ _)>

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 東広島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

(↑さて、現在私は「何位」でしょうか? ↑ココを押して、ご確認下さい)