思い出話

皆さん、お盆は実家に帰られたり、親戚一同集まって宴会など、それぞれ楽しいひとときを過ごされていると思います。(^^)

お盆とは関係ないのですが、幼少の頃、母方の祖母宅に行ったときの思い出を綴ってみようと思います。

岡山市内も空襲で酷い目にあって、戦後30年経ったか経たなかったぐらい。
ちょうど高度経済成長に入りかけたぐらいの頃です。

あの頃、お風呂といえば銭湯。
叔母、従兄弟、母と一緒に近所の銭湯に行っていました。

各家庭にトイレはあったけど、お風呂はそんなに普及していませんでした。
名前は「みどり湯」(H21.5.30廃業)

スポンサードリンク

暖簾をくぐって、中に入ると、番頭台に女将さんが座っていてお金を先に払って、広い脱衣場の壁には当時上映中の映画のポスターがいっぱい貼られていたりして、それを見るのが楽しみで、、、。

尺貫法で表示された体重計やらマッサージチェアもね。

中は壁一面にお決まりの富士山の絵が描かれていました。

そしてお風呂から上がると、珈琲牛乳だったかな?
瓶に入っていて蓋が紙で出来ているヤツ。(笑)
当時30円か50円ぐらいだったと記憶しています。
あれが美味しくてね!(^^)
夏はアイスクリームを買って貰ったり…。
銭湯に行くことが、私にとって一つのエンターテインメントでした。

ある日、父が一緒に母方の祖母宅来たとき銭湯に行きました。

それまでは、私も幼なく母に連れられてでしたので「女湯」の方に入っていましたから、初めて「男湯」の方に入った時の事だったと思います。^^

頭を洗って貰い終わり顔を上げると、服を着た人たちが沢山いました。
(当時、まだ4歳ぐらいの私には服を着ているように見えたw)

私はその人達の方角を指さし、

父に「あのおじちゃんたち服を着てお風呂に入っている!」
m9(`・ω・´)

って叫んじゃいました…。

その瞬間、父に「バカっ!」って、頭をたたかれました。

私は訳が分からず泣いていたと思います。(T_T)

おじちゃん達は、服を着てお風呂に入る訳はなく、

つまり背中から肩、腕にかけて立派な彫り物をされていたのでした。(^^;)

今で言うなら私は完全なKY(空気読めない)ですな。(笑

立派な彫り物をされたおじちゃん達は、幼いわたしの方を見てみんなニコニコ~
(^_^メ)(^^メ)(^^メ)(^^メ)

この時の父はきっと文字通り「針の筵」だっただろうと思います(^^;)

 

(写真と本文は関係ありません)

yokusou1web


data-layout="box_count" data-action="like" data-size="small" data-show-faces="false" data-share="true">

人気ブログランキングに参加しています。

1日1回クリックをお願い致します。<(_ _)>

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 東広島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

(↑さて、現在私は「何位」でしょうか? ↑ココを押して、ご確認下さい)